倉敷市真備町で古い家屋の建て替えをした家です。
同一敷地内にあった親世帯の暮らす「母屋」と子世帯の「離れ」。
子夫婦世帯の子どもの成長にともない、それぞれに部屋が必要になったことから、「離れ」を解体して新築しました。
2階には3部屋の子ども室、1階にはご夫婦の寝室とLDKを設計。
以前の暮らしの良いところは残しつつ、敷地を最大限に利用して、以前よりも広く明るく使いやすい間取りにこだわりました。

この家の写真をもっと見る

住宅の建て替えなら、岡山県倉敷市 ミツル建築工房