柄のある壁紙のこなれた使い方

お部屋の内装を決める時、初めてたくさんの壁紙サンプルを見て悩まれてしまうことも。

どんなテイストのお部屋にするか。可愛い、お洒落、スタイリッシュ、和風、アジアン、etc。

さまざまなデザインがある中で、壁紙選びのポイントを考えてみたいと思います。

 

題して…
 

「柄のある壁紙のこなれた使い方」

壁紙というと無地のものも多いですが、あえて柄の壁紙を効果的に使うとおうち全体の雰囲気がワンランクアップしますよ!



(1)最近のビニールクロスのプリント技術はすごい。

すごいんです。触れるまで、本物の木かレンガかわからないくらいです。

以前は、偽物の木目や石目はできるだけ使いたくなかったのですが、最近ではすすんでお勧めしています。

雰囲気のためなら、価格も安く手入れも簡単なビニールクロスでインテリアを楽しみましょう。

 

 

上の写真左はレンガ調壁紙、右は木目調壁紙です。

 

 

(2)派手な柄のものを使いたい

リビングなど、大きい面積に大きな柄のものや色を使う勇気はなかなか出ないものです。

そこで、効果的に使う原則として、狭く囲まれた面に使う。
例えば…



●トイレや洗面所
狭い個室なので、そこだけ思いっきり派手にしても失敗することはまずありません。
また、来訪者にも「かわいいトイレ!」と言ってもらいたい…!
洗面脱衣所は以外と壁面が少ないので、派手な色もかえってアクセントになります。 
ここでは、ポップな北欧柄を一面に使い、その他の面は薄いイエローです。
タイルはビビットなイエローを使用し、その他の木部は全部白です。
●ニッチや、本棚の背面
小さく囲まれた面は、キャンバスのように使うことができます。
ニッチも柄があれば、ものを置かなくても引き締まります。



(3)自分で貼りたい



輸入のクロスをDIYしてみたい。…という方も少なくないと思います。
壁紙やさんで施工講習もしています。もちろん業者さんに施工してもらうこともできます。
輸入クロスは高価で、幅が日本製のクロスとは異なるので、購入時には寸法の確認をして下さい。
また、1本でどれくらい貼れるかということから、貼る部分を決めると無駄なく使えます。
ここでは1本を購入し貼りました。お施主様こだわりのコーナーです。
ウィリアムモリスの柄で、リピートも大きいのですが、高さと幅を合計すると丁度よかった例です。
壁紙はお施主様が購入され、当社で施工しました。
岡山のお洒落なおうちづくりは 株式会社ミツル建築工房